栗タバコ

投稿者: | 2016年10月21日

葉タバコの収穫のピークのようです。二男が早朝から張り切って出かけています。朝5時には出かけていきます。話しによるとオーナーの指示で、その日に収穫することが決まっている分量までは、必ずやらなければならないそうです。その日に買い取りに来るからだそうです。この一番暑い時期が一番良い葉タバコが収穫できるそうです。収穫メンバーはオーナー、二男、「おばちゃん」と呼ばれる近所の婦人二人だそうです。

とにかく黙々と葉を積み重ねてまとめる、これをずっとやっていくそうです。納期に間に合いそうにないとオーナーが判断した時、新しい人を募りメンバーに入れます。このバイトを始めて二週間経った頃、オーナーが新しい人を雇ったそうです。その人の特徴は話が大好きで根掘り葉掘り周りの人のプライベートなことまで聞いていく、そういうタイプだったそうです。

手を動かす代わりに止まったまま口を動かすわけですから、仕事が進むわけがありません。雇った意味もないわけです。オーナーはその人を辞めさせたそうです。たった1日でくびというわけです。そんな話を聞きながら、ああ、私が毎日タバコを味わえるのはこうやって太陽の下で働く人の手と汗のおかげだと思えました。暑い夏、青い空、そして手塩にかけたタバコの葉、この夏大事なことを身近に感じたのでした。植物由来性乳酸菌サプリ